2014年04月06日

終わってみて

フォーミュラDロングビーチ終了しました!

結果から言うと、きてよかった(*^o^*)

観客の数はハンパない数でした。そして盛り上がりも!

車は8割がモンスター級のV8。
その理由は、
スタートで引き離す。
白煙を出す。
ハイグリップのタイヤを滑らせる。
※ハイグリップとは、タイヤのエアを極端に落とします。それにより引っかかりが出てパワーがないと戻ってしまいます。

1000馬力&鬼トルク車が大半です。
そして、あり得ないくらい切れるハンドル。
ちなみにSRは50台中1台。4気筒は3台。
あとは2J.3ローター.BM6気筒かな?

審査は?
アメリカと日本の審査の違い。。。。
客観的にみると、アメリカと今の機械審査はそっくりです。分かりやすく言うと、ライン・角度維持・白煙のみの審査です。機械審査も同じで加点が白煙と迫力ですよね?アメリカはスピードは無視で、上記に壁寄せの距離がかなり重要視されます。アウトクリップが指定されています。
あまりテクニックやスピードは関係無いようです。
追走は、まだ日本の方がいい審査をしていると思います。しかし!モニターを上手に使い勝ち負けを面白くしています。
モニターに関しては以前D1には提案すみです。ビジョンに追走後にストリートファイターのようなドライバーキャラクターを使い、一回走る毎にパワーメーターでアドバンテージを見せて、二回目後にはそのパワーメーターの止まり位置で勝ち負けが分かるように。そして真ん中にはサドンデスZONEがありそこに止まればサドンデス。
そんなのを五年くらい前に提案しました。
でも。。。。。。
ちなみにアメリカは3人の審査員の勝ち負けが、モニターに1人ずつ出ます。なので観客はモニターに注目して盛り上がります。

パドックやブースは?
圧倒的にアメリカです。アメリカらしいトラックがあるので、あれにはかないません(*≧Δ≦)あまりにも格好良すぎます。。
日本だと、全日本モトクロスのパドックイメージです。


実際に見て、色々な人と話をして感じたことは?
アメリカにはアメリカの問題も沢山ありました。お客様の求めるものも見えました。
正直、観客・主催者・選手・チーム共に悩みは違えども、日本もアメリカも同じ感じです。

ただし日本人からすれば、観客の多さと盛り上がりなど総合的に考えたら、自腹切ってでも出場してもいいかな?と感じました。
でもアメリカドライバーも同じように、テクニックを磨くのに日本は行きたいと考えているようです。


総合的に出た結果は?
アメリカフォーミュラDと日本D1の、いいとこ取りをしたら最高に面白いイベントになるはずです( ^o^)

オレンジの力では何も出来ませんが、微々たる力を振り絞る決断が出来ました!!

アメリカにきて、もう少しドリフトに熱くなれそうな気がしてきました!(^^)!
俺は走らないつもりですけどね!
posted by 熊久保信重 at 00:18| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フォーミュラDとD1のいい所を合わせられればねぇ....とりあえずDOSSの使い方だけでも改めてくれればなぁ〜単走はお互い課題があるって感じだけど、まだFDのほうは人間が審査しているだけマシって感じがします。追走の審査は圧倒的にFDの方がいいかな、D1は追走でさえDOSSが絡んでくるし昔みたいに2人で10を分けあう方がよかった。
車両はD1の方がまだいいですよね、なんでもV8って感じはアメリカらしいけどw パワー規制
エンジン規制なんかは最近ほしいなぁって思います。
何だかんだ言いましたがとりあえずDOSSは何とかしてほしい。

Posted by AS at 2014年04月06日 19:49
説明ありがとうございます。
因みにV8エンジンの入手は主にアメリカだと思いますけど、これもやはり全部のチームが簡単に入手出来る訳では無いですよね?、NOS禁止もありますが、日本製のハイパワーなエンジンは限られ、以前より基数も減ってきてるからでもあるでしょう。

DOSS審査は責めて単走で、追走は人間審査でお願いしたいです。確かに人間の目で判断出来る範囲は限られてます(モニターチェックしますけど)、それを補うDOSSでもあるのでしょうが、追走はドライバーvsドライバーのガチ対決、相手が居れば教科書(DOSS)通りに行かず乱れが生じるのは当たり前、そこを上手に判断するのは最後は人間ですからね。以前、土屋さんが審査の時に言ってましたね「そこだけ見ないで全体的に視野を広げろ」って
Posted by サンキチ at 2014年04月07日 12:53
オレンジって忙しいなぁ
今日は呑み
小橋の女と(=´∀`)人(´∀`=)
小橋は昨日の女と忙しいくしてるしw
だがら女が他の男と呑むのかw
あー俺は飲兵衛女取る気はないw
SL第一戦飲兵衛女連れてった方が集中出来るかもなー
昨日の女にチェンジかww
Posted by 呑みおつかんじ at 2014年04月07日 20:09
是非ともいいとこ取りのドリフトイベントの開催をしてもらいたいです♪

正直D1はDOSS審査もそうですが、盛り上げ方もとても下手だと思います。
特に審査委員長は大会を楽しんでいるとは思えない、いつも不快そうな顔をしていますね。
やはり審査員含めてお客さんと一緒に大会を楽しまないと、盛り上がらないと思います。
その点では土屋さんの時は盛り上げ方も上手くてとても楽しかったです。

そして、D1もFDもそうですが、ハイパワー重視な感じがして、
非力な車は出られないような風潮になってきている気がします。
これはスポンサーさんの各パーツメーカーの要望もあるのでしょうが、
この点も楽しかった頃の大会と比べて、ちょっとどうなのかな?と思いました。

今後の日本でのドリフトイベントの発展に期待しています^^
Posted by zo1 at 2014年04月07日 21:10
あ、それからブースやパドックなどへのプロモーション、日本は以前よりは変わってきてますが、まだまだ・・何と言うか「昔ながらの」って感じが残ってますよね。ドリフトの様なエクストリーム系ならヨーロピアンスタイルよりアメリカンスタイルの方が“ノリ”も良いし受け入れ易い。まるきり同じじゃなくても取り敢えず真似てみる・・でしょうかね?
Posted by サンキチ at 2014年04月08日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。