2014年04月05日

きてよかった。

今日は予選日!
ナオトは早速スポッターです。

いや〜沢山の人に会い、沢山話をしました( ^o^)

選手側の問題。
チームの問題。
みんなが求めていること。

そして何より、数年間来ていなかった俺達を見た観客に
『俺達は、お前たちの走りが見たい!いつD1はアメリカに来るんだ?あのクレイジーな追走が見たいんだ!』
と俺達を見つけると、ほとんど同じ質問をしてきてくれました。

本当に涙が出るほど嬉しい言葉でした( ^o^)

フォーミュラDも素晴らしいイベントで、選手も車も素晴らしいです。

でも選手や観客は、あの時のD1の事を今でも覚えていて、今でも求めています。

後程じっくり書きますが、
来ないと気付かない事が沢山有りました。

さあ!明日は追走です。

どんな追走が見られるか?
posted by 熊久保信重 at 00:28| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外の人たちにとって今でもD1って大きな存在なんですね。
FDとD1それぞれいいとこ悪いところを出し合ってお互いがより内容のあるビッグなドリフト競技になってほしいです。
Posted by at 2014年04月05日 18:45
待っていてくださる方々がいる と知っただけでも大収穫でしたね。この旅が今後の熊久保さんや、チームやD1にとっての(開かないドアの)鍵になるかどうか ですね。期待しています。
Posted by うしゃこ at 2014年04月05日 19:16
初めまして、さすがに、意見をさせてもらいます、今のD1は誰の為の走ってるのですか、機械の採点が良ければ、観客の盛り上がりさは、無視の面白く無いです、はっきり言って昔の織戸君や田中君が船橋の埠頭を一緒に走ってた頃の方が、凄いです、ドリコンで初めて田中君が卍を切った時みたいな凄さが無いです、今のD1は小さくまとまりしぎていて、はっきり迫力が無さすぎです、はっきり言って車さえ有れば自分でも出来そうに思います、D1はドリフトは出来て当たり前で、観てる人達がそのドリフトは無理ててをトを観たいです、
Posted by まさかお at 2014年04月06日 01:27
ほらね、“あの時のD1”を忘れてないし、待ち望んでるファンが居るんです。
ただし、DOSS審査の教科書通りにまとめた“今のD1”じゃダメ、“あの時のD1”みたいじゃなければね。

フォーミュラドリフト(FD)の審査方法が知りたいです。そして何故エンジンをV8なんか?(単にNOS禁止対策じゃないですよと)
それから日本『JAF』にあたるアメリカでは何と?
Posted by サンキチ at 2014年04月06日 07:35
あ、あちらの会議出たなら、日本の会議もちゃんと出ましょうね(^^;)
Posted by サンキチ at 2014年04月06日 07:38
待ってる方達がたくさんいて良かったですね!

うちも鳥肌たつようなビタビタの追走がみたいです☆
(o^o^o)
Posted by クー at 2014年04月06日 12:25
クーさん
かなりの大収穫でした。

サンキチさん
会議には暫くは出ません。意見するとひどい目にあうんです(+_;)
審査に関しては書き込みます。

まさかおさん
そうですね〜あの当時は良かったですね〜
なのでうちもドリフト祭りを開催しているんです。
あの時の楽しいドリフトを忘れないように。
今でも、古口さんやダイゴなど、ドリフト好きは毎回走ってます(^^)v

うしゃこさん
今回いろいろ見えたので、こっそり行動に起こします!
Posted by 熊 at 2014年04月06日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。